FC2ブログ

7月19日の祭・年中行事


『博多年中行事』の項目(昭和10年当時の状況)

夏祭 市内金平翁明神社の夏祭。筑紫郡筑紫神社の夏越祭。

『新修福岡市史』の項目(平成22年当時の状況)

祇園祭 志式神社(東区奈多1236) 境内の野舞台「奈多の志式座」
(市指定有形民俗文化財)で芝居の奉納がある。20日まで。
夏祭 翁別神社(東区馬出2-25-18)
夏越祭 鳥飼八幡宮(中央区今川2-1-17)
夏祭 阿蘇神社(城南区片江2-22-2)
夏祭・おみくじ 老松神社(城南区神松寺1-4-9)
夏祭 八幡神社(城南区堤1-20-11)
夏祭 警固神社(早良区四箇4-4)
夏祭 若八幡宮(西区福重1-16-32)


20190719kinoko.jpg
スポンサーサイト

7月18日の祭・年中行事


『博多年中行事』の項目(昭和10年当時の状況)

名島祇園 糟屋郡名島弁財天神社の祭礼で,以前は相撲や繰人形があった。

旧十八日 武蔵寺施餓鬼 筑紫郡二日市町武蔵寺の施餓鬼法会


『福岡市歳事暦』の項目(平成22年当時の状況)

夏祭・厄払い 宝満神社(早良区重留4-5)
夏祭 諏訪神社(早良区原6-20-24)
疫神祭 四所神社(西区桑原1108)
弁財天祭 天満宮(西区姪の浜6-8-3)


20190718ginan.jpg

7月17日の祭・年中行事


『福岡市歳事暦』の項目(平成22年当時の状況)

観音堂提灯とぼし 覚應寺(東区名子2-2-35)
夏越祭 八幡宮(中央区平尾4-20-38)
千灯明 観音堂(城南区樋井川3-14)
提灯とぼし 海神社(城南区東油山506) 東油山の子供が,松明を灯しながら神輿を担いで町内を練り歩く。享保の飢饉の際,神仏に灯明をあげて悪病退散と無病息災を祈ったのが始まりと伝えられる。
幸神社例祭 四所神社(西区桑原1108)
夏護摩虫封じ祈願祭 法蔵院(西区姪の浜6-2-35)


20190717kikyou.jpg

7月16日の祭・年中行事


『神社廳暦』の項目(令和元年)

鷲尾愛宕神社・ほおずき夏祭・二日目(午前八時~午後十一時)

『博多年中行事』の項目(昭和10年当時の状況)

岩戸村神楽 筑紫郡岩戸村字山田の伏見神社の祇園祭で,正午から古風な神楽がある
鳥飼宮夏越 市内西町の鳥飼八幡の夏越祭
道祖神祭 市内塩原道祖神の夏祭
岩屋観音祭 市内東職人町大長寺内岩屋観音の夏祭

20190716oiyama20190715.jpg
(写真は2019年の追い山の写真です)

7月15日の祭・年中行事


『山笠関連』(令和元年)

追い山

『神社廳暦』の項目(令和元年)

鷲尾愛宕神社・ほおずき夏祭・一日目(午前八時~午後十一時)

『博多年中行事』の項目(昭和10年当時の状況)

祇園山笠・棒渡しの項目は省略

翁面渡し 六番山笠が櫛田神社を出ると,櫛田神社神殿前では翁面渡しの儀式がある。社司は社庫に秘蔵の翁の面を今年の能当番の代表者へ渡すのであるが,この時は面の奉納者である上須崎町々総代が立ち会ふことになつてゐる。それから能楽堂に於いて翁舞を初として喜多流の能楽の奉納があり,宮では祭典が始まる。

田の草をとらぬ 昔櫛田の祇園祭の時,市内野間の八反田で田草とりを命ぜられた乙女が祭に行けぬ身の不自由を悲んで田の中で死んだといふので,この日田の草をとつてはならぬと云はれてゐる。この日一番山の頂上からは白衣を着たその娘の姿が見えるといふ。
高宮八幡宮 市内高宮八幡の夏祭で,子供相撲がある。


『福岡市歳事暦』の項目(平成22年当時の状況)

祇園神楽祭 志賀海神社(東区志賀島877)
夏祭 大名持神社(東区多々良2-50)
恵比須神社夏祭 天満宮(東区箱崎2-10-20)
夏祭 稲荷神社(中央区地行3-11-2)
夏祭 老松神社(南区老司4-6-1)
祇園祭 須賀神社(早良区石釜1629)
祇園祭 天神社(早良区東入部1497)
夏祭 猿田彦神社(早良区藤崎1-1-41)
小呂祇園山笠 七社神社(西区小呂島) 「ヨンジョイ,ヨンジョイ」の掛け声とともに,朝夕2回山笠を舁く。「総合的な学習の時間」の一環として小中学生による子供山笠もある。
須賀神社祇園祭(西区橋本2-29-4)



20190715syuudanyamamise20190713.jpg
(写真は2019年7月13日の集団山見せの様子です)