2018年1月15日の祭・年中行事


1.香椎宮のとんど祭

香椎宮公式HPによると18時より古札焼納ととんど祭がある模様。
どんど焼きではなくてとんどなんですね。

『博多年中行事』では,筥崎八幡宮の退筆塚で筆祭があるとの記載がありますが,
昭和十年にはじめられた新しい祭のようなので継続しなかったのかなと。

2.『博多年中行事』に書かれた旧十五日の小正月の行事

・「力飯」
荒神に供えていた餅を小さくきったものを入れた小豆がゆを炊き,
ほだれ菜(葉の着いた大根を縦に4つに切ったもの)の煮しめを作る

・「吉書上げ」
正月の飾り物を焼く際に,正月に書き初めをした吉書を
この火に投じ,高く上がると習字が上手になるとした。

これは基本的にはほうげんきょうやどんど焼きと同じ機能で,
その際に書き初めで占いもすると云う感じなのですかねと。

・「おせき客」
「親族を招いて「おせき客」として饗応をした。その時は具雑煮,膾,鯨
三つもんどんぶり,辛子あえ,大平(だぶといって野菜汁),煮しめ,
鍋料理(寄鍋),ざくざく汁(豆腐を握り締めて蒟蒻,椎茸,鰤の角切等で
煮たもの)等のご馳走をした。」とありました。

正月過ぎてまた小正月のご馳走と胃が休まる暇がなさそうですが,
ざくざく汁などはヘルシーぽくて作ってみたいなあと。
三つもんどんぶりについてはどんな料理かわかりませんでした。

先日,櫛田神社の鏡開きについて書いた際に,勝手な想像で
「その日にお焚き上げもするのでは?」と書いたのですが,
十四日夕刻の現在までまだたきあげはされていないので
明日の15日にされるのかもしれないなあと。

20180114dondoyaki.jpg
(写真は旧冷泉小学校校庭のどんど焼きの様子です。
博多小の山笠人形が中心にあるのがわかるかと)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント