4月17日(香椎宮の春季大祭について)


『博多年中行事』に香椎宮春祭の項があり詳細な記述がありました。

ちょっと長いですが引用すると

この祭は元は御正忌祭と称して古くから伝承され,
殊に十七日は神功皇后の御忌日として重要な祭である。
祭典終了後隔年に浜頓宮に神幸があるが,
その行列は皇后御出陣の荘厳勇武な有様を模したもので,
この時志賀島の水手八人は各艪櫂を棒持し,箱崎の浦人は八旗を棒持する。
頓宮に御駐輦中は神前に於いて志賀白水郎数人が龍舞を舞うて
神慮を慰めるのは,昔征韓の時海路の奉仕をした遺風である。
尚御神幸の次第は十五日午後七時から神輿移の式あり,
十六日午前中神楽があつて午後二時発輦,同夜は香椎浜の頓宮に駐輦される。
十七日は午前九時に祭典であつて午後は古式によつて立花村川上神社と
和白村龍王神社とに神使として同宮神職が参向する。同夜も駐輦,
十八日は午後二時頓宮を発輦同四時本宮に還幸されて直に御鎮座式がある。


香椎宮の公式HPで現在の行事を確認すると,

十三日:遷御祭
十四日:春季氏子大祭神幸式
十五日:武内神社祭,春季氏子大祭神幸式
十六日:後宴祭

とあるので,日にちを「日曜固定」に替えた以外では
現在でも古式に則って行われているように思えます。

『新編福岡市史』で確認すると隔年とは西暦の偶数年とのことなので,
今年も行われていたのですね見れなくて残念無念。・゜・(つД`)・゜・。

写真は全く関係ありませんが櫛田神社の梅花空木です。
このあとどんな花が咲くのか楽しみだなあと。

20180417baikautugi.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント