6月16日の祭・年中行事


『新修福岡市史』の項目

和菓子の日 承天寺(博多区博多駅前一丁目29-9)御饅頭所碑
まんじゅう発祥の地とされる承天寺で,福岡市菓子協同組合理事長が
「御饅頭所」碑(平成20年建立)にまんじゅうを奉納


現在でもされているのかな?と思って調べてみると
有名な「鈴懸」さんのページがヒットして,
今も上記の行事がなされているかはわかりませんがその由来はわかり

和菓子の日となるものがあるのをご存知でしょうか。
本来は六月十六日に宮中にて執り行われていた嘉祥の儀(かじょうのぎ)に
由来するもので、嘉祥元年に任明天皇が十六個の和菓子を神前にお供えして
疫病をはらう健康招福のために行ったことが始まりです。

とのことらしいので現在も続けて行われているのでは?などと。

ついでに鈴懸さんの季節の生菓子のページをみていると
今は紫陽花か鈴乃水無月ですか。。。紫陽花食べたいなあと。

まあでもなかなか手が届かないのでここは紫陽花の写真で我慢我慢と。

20180616ajisai.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント