2018年3月8日(予定なしのため御田祭の報告)


3月8日については『博多年中行事』『新編福岡市史』いずれにも
記載がなかったので,本日3月7日に住吉神社で拝見した御田祭について。

20180307sumiyoshi1.jpg

時間は10時より始まり,まずは拝殿で神事が執り行われておりました。
その間,外で見学している人たちに神事の実際の取り仕切りを
担当されているとおぼしき神職の方がいろいろ説明してくださっていました。
本日の御田祭は小祭ではなく大祭であること,そのためお供え物の品目が
多いことなどが漏れ聞こえて来ましたがちょっと記憶できていません。

でも,お供え物の種類については少し記憶できていたので書くと
・米(白米と籾殻つきのもの) ・餅? ・塩 ・酒等とともに
・魚は川と海の2種 ・海藻 ・季節の野菜 ・お菓子
などがあげられるそうですがあと2,3種類あった気がします。

で,その後本殿横の奥まったところで播種神事が行われ,
岩戸神楽奉納はその前で行われておりましたので,
昨日書いた「舞台で行われる」は大きな間違いでしたすみません。

20180307sumiyoshi2.jpg

「真面目そうなおじさんなのに頭のかぶりものが
ユーモラスすぎて可笑しく感じてしまう」などと思って
自分の不謹慎さを反省したのですが,良く考えたら
天の岩戸の神話って記憶では天の岩戸にかくれたアマテラスを
誘い出すために面白可笑しく踊ったりしたとかあった気がするので
1年の晴天を祈願するために面白可笑しく踊ったのかなあなどとも。

調べてみると岩戸神楽は那賀川町の伏見神社の関連のようなので,
そちらもまた見学してみたいものだなあと
http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/e_mingei/detail.asp?id=25-1

で,その後岩戸神楽が終わってから播種神事をされたのですが,
西日本新聞社の記者の方が神職の方に取材されているのを
漏れ聞いたところではこの種籾は伊勢神宮からのものだそうですが
ここで育った苗はどこかに植え替えられるのかなあなどと。

20180307sumiyoshi3.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント