3月24日の祭・年中行事


『博多年中行事』に24、25日の2日で以下の項目がありました。

大宰府春祭 菅公は延喜三年二月二十五日に甕去されたので、
大宰府天満宮では元は旧暦のこの日に祭典が行はれたが、
今はこの日に春祭が行はれる。
神池の反橋の畔りには千灯明を点する。

山田地蔵祭 宗像郡河東村字山田の山田地蔵尊の祭礼である。
昔宗像大宮司権中納言氏男は周防の大内義隆の許へ居た時
陶晴賢の謀反のために死んだ。妾腹の子氏貞は筑前に来て
宗像の本妻とその娘菊姫を殺害させたが、祟りが止まぬので
その怨霊を慰めるために建てたのがこの地蔵である。


大宰府春祭に関しては公式HPにも存在しました。
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/sanpai/saiten/march

2月24、25日は「梅花祭」、3月24、25日は「春季大祭」と
新と旧の二回行われるのだな~と不思議に思ったのですが
2月梅、3月は桜とそれぞれの花が巡る季節の中で
咲いて散るを繰り返して菅公を忍んでいるのだと思えば納得かなと。

『神社廳暦』では以下の2項目がありました。

24日:駛馬(しま)天満宮・春季うそ替大祭(24日,25日)
「おおむたnavi」に詳細があります。
http://www.sekoia.org/hatumoude/hayame.html

鷲尾愛宕神社・春の地蔵祭(午前十時)

20180324ume.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント