3月30日の祭・年中行事


『博多年中行事』『新編福岡市史』『神社廳暦』いずれも項目なしでしたので,
困ったときの『年中行事大辞典』に頼ってみると以下の2項目がありました。

其角忌(きかくき)

其角とは松尾芭蕉の弟子で宝井其角のことで蕉門十哲の一人だそうです。
Wikipediaにも結構詳細な記述がある有名な方のようですが,
私は全然知りませんでしたので勉強のためにリンク貼っておきます。

まあでも年中行事的な視点で勉強になったのが,
命日が「旧暦二月三十日にあたり,現行の太陽暦にはない日付のため,
月遅れの三月三十日に行われている
」というところでした。

あと,奈良の薬師寺の修二会が3月30日から4月5日までらしく,
東大寺とはちがう日程なのだな~と思いながら公式HPをみると
現在は3月25日から3月31日の日程で行われているようです。

http://www.nara-yakushiji.com/contents/hanaesiki/

『年中行事大辞典』の発行は2009年ですが記事自体は
もっと古くからの記述でしょうからその後変化したのだろうなと。
別名を「花会式」と呼ぶそうなので,近年の温暖化を考えると
桜の花が咲き誇る3月中に行った方が良いのも確かだなあと。

20180330sakura.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント